自毛植毛は費用が高いけど効果も高いから注目されている

自毛植毛

メスで頭皮を切開する自毛植毛について

メスを使って頭皮を切開する自毛植毛となるFUT法は、ドナーを採取する際に頭皮をメスで帯状に切り取ります。そのため、FUT法はFUE法と同じ医師の手で行われる植毛方法であっても、まとめてドナーを採取できるのでドナーを採取する時間はFUE法より短く済みます。FUT法はドナーを採取した後は、毛包単位で株分けをして薄毛が気になる箇所に植毛します。
また、FUT法はドナー部分の頭皮を切り取って、実体顕微鏡を使いつつ人の目で一つ一つ株分けするため、毛根を傷つける確率が極めて低いです。ちなみに、自毛植毛において後頭部から側頭部にかけて生える髪を移植するので、植毛方法が違えどドナーの数には制限があります。
そのため、自毛植毛ではドナーは貴重な移植部分となるので、無駄にはできないとされています。毛根を傷つけないFUT法は、その影響によりドナーロスする確率がFUE法より低いです。とはいえ、FUT法は頭皮を帯状に切り取って縫合するので、FUE法より傷口が広くなり痛みを伴うことになります。
しかも、男性型脱毛症の影響を受けにくい後頭部の髪を移植するので、普段通りに寝ると激痛に追われることになります。ストリップ法とも呼ばれるFUT法は、FUE法と同じく医師の手で行われますが、FUE法と違うのはメスで頭皮を切開することにあります。

自毛植毛と他との違いとは?

自毛植毛と人口植毛、どちらにも共通していることといえば毛髪を移植するという事です。ですが、この二つは移植する毛髪の種類が違い、混乱を生みやすい点の一つともいえるのです。ここではそんな自毛植毛と人口植毛の違いについて、重要な点を重視し説明を行いたいと思います。
・人口植毛。移植用に作られた毛髪を一本一本手作業で植え付けていく手術です。頭髪移植手術をイメージしてまず想像するのがこちらの人工植毛だと思うのですが、人口の毛髪は人体との拒絶反応が発生することがあり、手術に成功したとしても1~2年もすると移植した毛髪が劣化するのでその都度メンテナンスを行わなければならないなど、人によっては手術が合わないこともある方法です。ですが、これから紹介する自毛植毛より手術費用が抑えられ、安価で手術を行うことができるメリットも存在します。
・自毛植毛。この方法は、後頭部に残っている毛髪を皮膚ごと切除し、薄毛が進行してる前頭部に移植し毛髪を再生させる方法です。この方法では、移植し毛髪はきちんと生きているので人工植毛のようなメンテナンスは必要なく、半永久的に頭髪を維持することが可能です。ですが、人工植毛の2~3倍ほどの治療費が必要となるなど高額な金額が必要な方法となります。

自毛植毛のメリットについて

自毛植毛とは男性ホルモンによる薄毛の影響を受けていない後頭部の毛髪を皮膚ごと前頭部へ移植する毛髪再生手術の事です。ここではそんな自毛植毛のメリットだけを紹介していきたいと思います。
・人工植毛のようなメンテナンスが必要ない!自毛植毛は人工植毛のような定期的なメンテナンスを行う必要はなく、半永久的に毛髪を維持することができます。自毛植毛で移植した毛髪は自身の生きた毛髪ですので、成長を行い体調に髪質が左右されます。自己管理を行えばいつまでも若々しい頭髪を保つことのできる、素晴らしい方法なのです。
・人口植毛のような拒絶反応がありません!拒絶反応とは人体の中に異物が合いることによる防衛反応によるものです。拒絶反応により更なる抜け毛が進行したり、体調を崩してしまうといった症状が現れるできる事なら避けたい物です。自毛植毛は自身の後頭部の頭髪を移植するので拒絶反応もなく、皮膚ごと移植するので定着率も高く成功率も高いのです。
・自然な仕上がりで植毛を行える!自身の毛髪を植毛するので、移植した見た目質感が自然な仕上がりになります。人工植毛の髪質や生え際にはやはり違和感があり、自毛植毛の自然な仕上がりには到底かなわないのです。


『アスク井上クリニックはご存知ですか?』
近年悩んでいる男性は多いはずです!薄毛の悩みを解決してくれるのがアスク井上クリニックです!
自毛植毛なら自然な髪の毛を実現できるのです!切らない手法で行いますので、不安な方でも安心して自毛植毛を行えるのです!

ピックアップ

自毛脱毛の効果は抜群

男性は禿ることが多いです。これは男性ホルモンが関係しているのですがとにかく頭頂部がハゲやすい、ということは確かです。その対策として自毛植毛があるのです。ハゲに対しては難しいことになるでしょうが、…

more

男性も女性も自毛植毛

ハゲに対しては色々と対策があります。人工植毛というのもあるのですが、自毛植毛というのがありますからこちらのほうがよいでしょう。男性ホルモンと特定のホルモンが合致することによって、脱毛をせよ、とい…

more

ニュース一覧